堕ちた転生活仏カルマパ 「中国化」が消すチベットの痕跡

f:id:beh3:20210924115933j:plain

公安関係者の付き添いのもと、名刹ガンデン寺を巡礼するカルマパ17世。1994年撮影

“発見”されたチベット転生活仏 

中央公論』1995年2月号

 活仏は死ぬと同時に生まれ変わる。つまり輪廻転生するのだが、四宗派に分かれるチベット仏教において、このカルマの思想は根幹をなしている。現在チベットで輪廻転生する代表的な活仏は、100人を優に超すという。そのなかでも霊的、世俗的指導者として、最高権威を継承してきたのが、観世音菩薩の化身ともされるダライ・ラマである。しかしダライ・ラマ14世がインドに亡命して以来、すでに30年の歳月が過ぎ、また中国と協力する道を選んだパンチェン・ラマ10世が亡くなって4年たつ。中国に併合されたチベットでは、権威ある活仏の不在という事態が続いている。
 ところがラサ西方のトゥルン地方に、近ごろ異変がおきている。ここにはダライ・ラマ系列とは別の、カルマ・カギュー派の総本山、ツブ(ツルプ)寺がある。この寺に新たな転生活仏、カルマパ17世が誕生してから、従来のチベット仏教の勢力図が塗り替えられようとしているからだ。カルマ・カギュー派はチベットで最も歴史ある宗派だが、後に興ったダライ・ラマゲルク派によって、その座からひきずり下ろされたという経緯がある。中国承認のもとでのカルマパの即位は、その感情的対立を表面化させ、チベット人の団結を阻害するためだとも言われている。
 先代カルマパが亡命先のアメリカで死去したのは、もう10年以上も前の話で、転生者の条件とされる遺書はその時発見されなかった。しかし、ないはずの遺書が突如確認され、カルマパ17世の捜索がチベットで始められた。その結果、遊牧民の子、ウゲン・ティンレー少年が発見されたというのだ。
 チベット滞在中、少年カルマパがゲルク派名刹を精力的に巡礼しているのを目撃した。カルマパ一行には僧侶より中国の公安関係者がめだち、観光地に変化しようとしているこののどかな寺に尋常でない警戒態勢が敷かれていた。しかし当の本人はあどけない顔つきであたりをキョロキョロするばかりで、事態をどれだけ把握しているのかはなはだ疑問である。またガンデン寺の若い僧侶たちのなかにはカルマパの訪問に全く関心を示さず、用意された式典の最中も寺の裏でふてくされている者を多く見かけた。カルマパの誕生を内外にアピールさせるための見せかけの巡礼で、主役のチベット人は蚊帳の外、という印象は否めない。主不在の続くチベットでは宗教も変質していきている。寺に行っても、やたら金を要求されるようになったし、ダライ・ラマ肖像画も少しずつはぎおとされるようになってしまった。(記事を転載)

f:id:beh3:20210924120042j:plain

ダライ・ラマが属すゲルク派の代表的寺院ガンデンは、文革時に徹底的に破壊されたが、90年代に入り修復が進んだ。カルマパ巡礼は異例の出来事だった

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

カルマパ亡命の真相

 カルマパ17世を取材するためチベットを訪ねたのは1994年暮れ。まだ青蔵鉄道はなく、青海省のゴルムトまで電車、そこからチベットのラサまでバスで行かねばならなかった。自治区の那曲という所で一気に高度が上昇するため、頭が割れるように痛くなる。個人で気楽に旅行できる時代だったが、北京からチベットまで3~4日かかる長旅だった。
 転生ラマ(活仏)制度は、高僧の死後、生まれ変わりとなる「転生霊童」を捜し出し、後継者として徹底した英才教育を施すことにより宗派を維持する、チベット独自の名跡の制度だ。輪廻転生があろうとなかろうと、人々の信仰は厚い。カルマパを指導者とするカギュー派最大支派のカルマ派が14世紀に確立し、他の宗派にも広がった制度だという。チベットを統一したゲルク派の転生ラマがダライ・ラマ法王だ。カルマパ(カルマ黒帽ラマ)は数ある転生ラマの中で、ダライ・ラマパンチェン・ラマに次ぐ名跡であり、チベット社会では絶大な影響力を持つ。

f:id:beh3:20210924120141j:plain

ダライ・ラマ14世の亡命を伝えるタイム誌の表紙

 1959年のチベット動乱でダライ・ラマ14世がインドに亡命した際、先代のカルマパ16世も多くの僧侶を伴ってチベットを脱出し、インド北部シッキムにあるカルマ派のルムテク寺に移った。それ以来、カルマ派の神秘的な教義は欧米で人気を博し、国外で教勢を強めていった。カルマパ16世没後、転生者をめぐり混乱が続くが、1992年にチベットでウゲン・ティンレー少年が発見されると、中国はただちに少年をカルマパ17世として認定。インド・ダラムサラにある亡命政権ダライ・ラマ14世も追認した。
 一方、中国と協力する道を選んだパンチェン・ラマ10世も1989年に不可解な死を遂げ、転生霊童捜しが始まっていた。ダライ・ラマ14世は1995年、当時6歳のニマ少年を認定するが、これに中国が反発。別の少年を担ぎあげ、ニマ少年の消息は不明となる。筆者がチベットを訪ねた時期、中国とチベット亡命政権の双方が認めた権威ある転生ラマは、カルマパ17世しか存在しなかった。霊童カルマパが最大宗派のゲルク派寺院を精力的に巡礼し始めたのは、ダライ・ラマに代わる宗教指導者を必要とした中国の思惑による。
 ところが1999年暮れ、カルマパ17世がヒマラヤを越えインドに亡命する事件が発生し、中国は面目丸つぶれとなる。この事件で中国政府の強硬姿勢は一段と強まり、2007年に発令された「国家宗教事務局第5号」(チベット仏教活仏転生管理弁法)で「チベットのすべての転生は政府の承認がなければ無効」とした。
 たしかにカルマパ17世の脱出はダライ・ラマ14世のインド亡命を彷彿とさせた。だが、チベット仏教に詳しい人たちの間では、脱出劇は理解に苦しむものだったようだ。インドには、すでに別のカルマパ17世がいたからだ。
 カルマ派が転生者探しで最初に接触したのは、ティンレー・タイェーという少年だったが、派閥争いの結果、新たにウゲン・ティンレーが発見され、カルマパ17世の認定につながったという。ところが、2年後の1994年、ティンレー・タイェー少年がインドに脱出したため、宗派の一部は彼をカルマパ17世に認定し、本格的な英才教育を施し始めた。チベット仏教の名だたる教師はほとんどインドに脱出し、中国ではカリスマを備えた宗教家カルマパに成人できない。この焦りがカルマパ17世(ウゲン・ティンレー)の中国脱出につながったといわれ、実態はお家騒動のようなものだった。カルマ派では今でも2人のカルマパがいる異常な事態が続いている。

スキャンダル続きの転生霊童

 インド政府は、ダラムサラに定着したウゲン・ティンレーを、ダライ・ラマのように優遇しなかった。国内外の移動を制限し、シッキムのルムテク寺を訪ねることさえ認めていない。インド警察は2011年、ウゲン・ティンレーの居所を抜き打ち捜査し、現金100万ドル以上を押収。そのうち約16万ドル相当が中国元だったことから、現地メディアは彼を「中国のスパイ」と呼びだした。現金は信者の寄付を集めておいたものだが、インド当局は外貨不法所持の疑いで起訴に踏み切る。
 インド政府がウゲン・ティンレーに不信を募らせた最大の理由は、亡命後も中国が彼をカルマパ17世と呼び続け、ダライ・ラマのように「分裂主義者」と非難することがなかったからだ。インド政府がウゲン・ティンレーをカルマパ17世と認めたことは一度もない。そして、2017年に訪米したウゲン・ティンレーが、カリブ海ドミニカ国の国籍を取得したことで、インド政府の不信は決定的となる。インド再入国の条件としてドミニカ国旅券でビザを取得することを求め、帰国を事実上認めていない。彼は主にニューヨーク州ウッドストックにあるカルマ派最大の寺院「カルマ・トリヤーナ・ダルマチャクラ・センター」に滞在し、布教活動を続けているようだ。
 だが、米国滞在中の彼には醜聞がつきまとう。今年5月、ウゲン・ティンレーに性暴力を受け妊娠したと主張する元信者の女性の訴訟が、カナダの裁判所で公にされた。女性はニューヨークの寺院で尼僧になる修行中、ウゲン・ティンレーに性暴力を受けたとされる。出産後に養育費など70万ドル以上が支払われたが、女性は配偶者として認めるよう訴えている。裁判は来年4月に始まる予定だ。
 女性にかかわるスキャンダルはこれにとどまらない。元信者の女性が同様の被害を受けていたとして、ユーチューブなどで相次いで告発しだしたのだ(#UNMASK KARMAPA)。その手口は、オウム真理教麻原彰晃が「タントラ・イニシエーション」と称して女性信者にセックスを強要したのとどこか似ている。事実なら、ウゲン・ティンレーは宗教家としての資質を改めて問われることになる。カルマ派では彼のカルマパ擁立が既成事実となっているため、難しい舵取りが迫られるだろう。

f:id:beh3:20210924120229j:plain

主なきポタラ宮

容赦ない「中国化」

 ダライ・ラマ14世(86歳)亡き後のチベット統治に取り組む習近平政権にとり、カルマパの権威失墜は願ってもない話だ。ダライ・ラマ14世は折に触れて転生ラマ制度の廃止を訴えているが、中国は「秩序を損なう」と猛反発している。中国は、宗教を政府指導で管理し、国外の組織や個人の関与を一切認めない。特にチベットウイグルは領土問題がからむため、不穏な動きを根絶やしにする周到な準備がされてきた。
 青蔵鉄道の開通などでチベットに空前の観光ブームがもたらされたが、豊かになるのは移住してきた漢民族ばかり。聖地は遊園地のような見世物に転落した。北京五輪直前の2008年3月に起きた「チベット騒乱」は、踏みにじられた僧侶たちの最後の抵抗だったのだろう。騒乱後の4月、四川省成都に行き、同省の甘孜(カンゼ)チベット族自治州にある寺院の事情を探ろうとしたことがある。だが同地域に向かうルートは検問が強化され、外国人が利用できる交通手段はなかった。
 少数民族を管理する共産党「中央統一戦線工作部」(中央統戦部)の締め付けも厳しさを増している。新疆ウイグル自治区で広範囲に実施された住民データベースに基づく監視システムが、チベットの寺院でも適用され、僧侶を「要注意人物」や「愛国者」などに分類して行動を監視しだしたという。チベットでは宗教ばかりか、憲法で定めた共通語「普通話」の普及を妨げていることを理由に、チベット語の教育も制限されだした。国外の転生ラマが惚けている間、アスファルトを踏みつぶしながら進む大きなロードローラーのように、「中国化」したチベットの総仕上げがされている。